「中国での不良品やトラブルの原因は日本の設計者の『設計力』にある」。ロジ代表で元ソニー設計者の小田淳氏はこう訴える。「日経 xTECHラーニング」で「元ソニー設計者直伝 トラブルを防ぐ日本設計×中国製造の具体的実践法」の講師を務める同氏に、中国ビジネスでトラブルを回避する秘訣や注意点を聞いた。(聞き手は高市清治)

ロジ代表(元ソニー設計者)の小田 淳氏
[画像のクリックで拡大表示]

「中国での不良品やトラブルの原因は、日本の設計者の設計力にあるケースが多い」と訴えられています。

小田氏:はい、その通りです。ソニー在籍時に7年間、中国で働いた経験から導いた結論です。一般に言われるように、中国での仕事ではトラブルが少なくありません。製造業でも同じです。通常、日本で部品を設計し、中国でその部品を製造して製品を組み立てるのが通常の流れです。すると日本の設計者と、中国の部品メーカーや組立工場とのコミュニケーションがうまくいかないケースが多い。そのために設計意図と異なる不良品や製品が発生したりするのです。

 私がプロジェクターを担当し、両者の橋渡しを務めた時も、さまざまなトラブルに直面しました。いつも一般に日本の設計者から、「中国の部品メーカーや組立工場は指示通りに作ってくれない」と愚痴をこぼされました。

 しかし、トラブルに見舞われない設計者もいるのです。トラブルに直面する設計者はいつもトラブルを抱え、トラブルに直面しない設計者はたいてい中国の部品メーカーなどとうまく渡り合えているのです。何が違うのか。自分なりに分析したところ、トラブルの原因の多くは、日本人設計者が図面でも会話でも正確にきっちりと情報を伝えない点にあるという結論に達しました。一言で言えば「曖昧」なのです。