こんにちは、AD高橋です。

 レクサスLSのチーフエンジニア、旭利夫氏のインタビュー第2回。お楽しみいただけましたでしょうか。第1回で話があったように、旭さんは電子技術部出身という、トヨタの中でも異例のキャリアの持ち主。もともとは先進安全技術開発のために先代LSの開発担当になったと言います。

 現行型LSに搭載される予防安全パッケージは「Lexus Safety System +」。これは歩行者検知機能付きのプリクラッシュセーフティシステム、レーダークルーズコントロール、レーンディパーチャーアラート(LDA)/レーンキーピングアシスト(LKA)、オートマチックハイビーム(AHB)がセットになったもので、標準グレードはこれが装備されます。

 そして標準グレード以外には、上記の「Lexus Safety System +」に歩行者注意喚起、アクティブ操舵回避支援、Lexus CoDrive (レーダークルーズコントロール/LTA /LCA)などが追加された「Lexus Safety System +A」が標準装備になります。

 「Lexus Safety System +A」には“世界初”の技術が数多く搭載されました。

 ひとつめは「プリクラッシュセーフティ」に備わる「アクティブ操舵回避支援」。これは歩行者などを検知すると警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避を支援、衝突被害の軽減を図る従来のプリクラッシュセーフティに加え、ステアリング制御で歩行者への衝突をより確実に回避するもの。

 また、駐車場から後退しながら出庫する際に自車後方の歩行者と衝突する可能性が高いとシステムが判断した場合に自動ブレーキをかける「パーキングサポートブレーキ」も世界初搭載。低速で動いているときの安全性を高めています。

 ほかにもロービームとハイビームを自動で切り替える「アダプティブハイビームシステム」に照射エリアと遮光エリアを細かく制御する機能や、パノラミックビューモニターにコーナリングビュー機能を追加するなど、世界初搭載のものがいくつもあります。

 一般的に先進技術はまずLSのようなフラッグシップモデルに装備され、それがだんだんと量販モデルに下りてきます(もちろん違うケースもありますが)。先進安全装備は高級車はもちろん、高齢者も運転するようなクルマに搭載してほしいところ。お盆期間中にも高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故のニュースが流れていました。このような装備がなるべく早く大衆車にも普及してほしいなと思います。