みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 いい加減にしろと叱られそうですが、週末は月山にスキーに行ってまいりました。

 いや、スキーは楽しいです。連日の雨と、ここしばらくの夏のような気温で雪のコンディションは決して良くありませんが、まあこの時期にスキーは半分ハイキングのようなものですからね。雄大な景色を眺め、澄んだ空気を吸って、その上でスキーが楽しめれば大満足です。

よく晴れました。やはりスキーは楽しい。

 いまの若い方は、そもそも「リフト待ち」なんて言葉もピンと来ないでしょう。冗談抜きで、昔は一本乗るのに1時間待ちなんてこともザラだったのです。漸減してきたスキー参加人口は、ここへ来てようやく底を打ったとのことですが、志賀や八方や苗場といったメジャーなスキー場でさえ、リフトは待ち時間ゼロで乗れてしまいます。ですが、ここだけは特別です。

ご覧くださいこの大行列。文字通り長蛇の列。客が集中する午前中は、この大混雑が続くのです。

 「こんな時期に滑りに来る仲間だから」ということでしょうか、スキーとスノーボードが良い具合に共存しているのも月山の良いところです。長い待ち時間。知らぬ者同士がスキー談義、スノボ談義に花を咲かせるというのもなかなか乙なものです。

 私はHEAD派でして、皆川賢太郎選手と滑るとき以外は(彼はATOMICですので)ここ十数年ずっとHEADの板で滑って来たのですが、たまにムラムラっと“浮気”したくなるときがあります。普段と違う“乗り心地”が実に刺激的でキモチ良いのですね。

そんなワケで月山では来季モデルのBLIZZARDに試乗してきました。スキーって、クルマ以上にメーカーによって乗り味が違うんですよ。

 たくさん滑った後は、温泉に浸かり山菜をたらふく食べて出羽桜を飲んで早い時間に床に就きました。健康的な週末でありました。

西川町の出羽屋にも行きました。山菜料理を食べるならここでしょう。

 既にニュースリリース(こちら)等でご存知の方も多いと思いますが、藤原大明神がマツダの代表権を持つ副社長に就任なさいます。正式には6月26日に開催される定時株主総会と、その後の取締役会での承認を経てからの異動となるのですが、今回はその前祝いを。写真は編集マイトのYに叱られて自粛です。

 大明神には「Mazda VISION COUPEの第一号車はぜひともこのフェルに。工場まで直接取りに行きますから」と念押ししておいたのですが、同じことを言っている人が国内外に何人もいるのだそうです。こうなりゃiPhoneの発売みたいに何日も前から並ぶしかないか……。

 ということでボチボチ本編へとまいりましょう。
 「8代目ハイラックスの故郷」トヨタのタイ工場見学記であります。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら