ここまで「開発最前線」と題し、開発コンサルタントの筆者が実際に手掛けている開発案件の実際、その生々しい現場を書いてまいりましたが、本シリーズも今回で最終回。「決めないリスク」というタイトルにいたしました。

 開発を進める私にとって何が苦労かと言いますと「決めない人に決めさせる」ことです。

 開発テーマが決まり「やるぞ」という段になったとき、「さあ、やりなさい、存分に!」と言ってくれる人、いや、言わなければいけない人がそう言えないことは、結構あります。不思議ではありませんか。開発のゴーサインを出す人は経営トップであるのが当然と考えている私ですが、その肝心な意思決定者にたどり着くまでの間にいる人たちが「やる」と決めることができない。これは特に、大企業に多く見られる傾向です。

 最近もこんなことがありました。大企業であるメーカーの新商品開発のお手伝いをすることになりました。企画が決まり、現場の開発スタッフはやる気満々。企画書をまとめて開発部門の長に提示し、経営トップのゴーサインをもらう手はずになりました。

 企画した私たちが部門長に聞きたいのは、この企画が良いのか悪いのか、もし不足があればその解決策は何か。そして、お願いしたいことは、よしとなったらトップにゴーサインを出すように進言してほしい。その一点でした。

 ところが部門長は「この新商品は、年間どのくらい売れて利益はどのくらいになるのか?」「売れなかった場合のリスクはどうするのか?」「他社の成功事例はないのか?」と、質問するばかりだったのです。

 私が一番気になったのは、開発のリスクを問題にしたところです。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら