今回は、パワーデバイス・イネーブリング協会(PDEA)が主催する「半導体テスト技術者検定2級(パワーデバイス)」の予想問題を紹介する(本コラムの詳細はこちら、PDEAについてはこちら、半導体テスト技術者検定の教科書についてはこちら、検定の問題集についてはこちら)。

 本稿では、半導体テスト技術者検定2級(パワーデバイス)に関する問題の中から、ショットキー・バリアー・ダイオード(SBD)の特性について問う問題を紹介する。SBDは、一般に電源部二次側の整流用に使われるが、基板にSiCを用いた場合、高耐圧の還流ダイオード(FWD :Free Wheeling Diode) としても使われ、とても重要なデバイスである。検定に合格するには、ぜひ正解しておきたい問題である。

 今回の問題の難易度は、★★★である(本コラムでは紹介する問題の難易度を★の数(難易度に応じて1~5個)で表しており、★の数が多いほど難しい)。標準レベルの問題である。


【問題10】難易度:★★★

ショットキー・バリアー・ダイオードの特性に関し、以下の中で正しいものを選びなさい。

  • (1)ショットキー・バリアー・ダイオードはバイポーラーデバイスである。
  • (2)接合温度と順方向電流をそれぞれ一定にした状態では、順方向電圧降下と逆方向リーク電流との間にトレードオフの関係がある。
  • (3)ショットキーバリアーを横切る主電流成分はトンネル電流である。
  • (4)ショットキー・バリアー・ダイオードを一定の時比率でオン・オフさせるとき、順方向電流と逆方向電圧をそれぞれ一定にした状態で接合温度を上げると熱暴走しない。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら