成功の典型的パターンとは

AI活用で成功するパターンを教えてください。

速水氏:成功するパターンは、ユーザー企業と、AIソリューションを提供する企業との間で擦り合わせがきちんと行われているケースです。例えば、ユーザー企業が製造業であれば、当然、現場はものづくりの専門知識と経験を備えています。ここでさらに、AIの技術に詳しく、社内展開を担当する「AI推進リーダー」のようなキーパーソンがいる。こうしたユーザー企業であれば、IT企業と密なコミュニケーションを図ることができ、AIで解決すべき課題の設定から解決まで自社に適したAIソリューションを導入できるのです。

 AIはよく分からないから専門家に任せればよいだろうと、AI推進リーダーも育てずにIT企業に丸投げする場合は、失敗に陥る典型的なパターンの1つです。IT企業はユーザー企業がこなしている業務の専門知識がありませんし、課題解決にも慣れていません。AIツールの扱いには慣れていても、それだけでAI導入がうまくいくとは限らないのです。

[画像のクリックで拡大表示]
(写真:日経 xTECH)

今、AIの研究開発に関して米国や中国がすさまじい勢いを見せています。日本企業はAIの導入や活用で後れをとっているのではないかと心配になります。

速水氏:そんなことはないと思います。ここまで話題になっていることもあって、既に多くの日本企業がAIについて何かを始めています。特に、製造業はほとんどと言ってよいほどの企業が既にAIに取り組んでいますし、建築・土木系企業は多少出遅れ感が見られたものの、今は非常に頑張っています。

 既に製造業では、先に述べたAI推進リーダーのような鍵を握る人材が結構育っています。確かに、全体を見ると現状ではAI人材が少ないのですが、積極的に育てようと考えています。AI活用に関するチームを構成し、部署ごとにチームを作っている企業もあるほどです。こうしたチームメンバーのレベルを高め、AI活用を全社に広げていく取り組みに力を入れている製造業が目につきます。

 技術者にとってAIの基礎知識は必須の時代となりました。そのため、研修や講演などで耳で聞いた範囲でAIの概要を知っている人は多い。しかし、そのレベルと、業務に適用できるレベルとの間には、ギャップがあります。このギャップを解消し、また解消できる人材を増やすことが、これからの日本企業にとっての課題と言えるでしょう。