ジャパンディスプレイ(JDI)は、香港で開催されたスタートアップ関連の展示会「Startup Launchpad」(2018年10月18~21日、AsiaWorld-Expo)に出展した。同社は特設ブースを設け、8月に発表したスマートヘルメット(関連記事1)などを展示。同社が進める新たな“コトづくりの世界”を披露した。

 Startup Launchpadは、300以上のスタートアップ企業が出展し、140カ国以上から3万5000人のバイヤーが集まる(図1)。香港および隣接する深センには、特にハードウエア系のスタートアップ企業が多く集まる。会場は20~30代の多くの若者による出展であふれており、熱気がある。会期初日の18日には、JDI 常務執行役員CMOの伊藤嘉明氏が登壇し、オープニングのテープカットが行われた(図2)。

図1 「Startup Launchpad」の会場入り口
未来への入り口を彷彿させる作りである。会場内ではMobile Electronics展も行われていて、AR/VR関連を含めた様々なモバイル機器を盛ることができた。(撮影は筆者。以下、同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 「Startup Launchpad」初日のテープカットの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 JDIのブースは、数多くのスタートアップ企業の小規模なブースが並ぶ中に特設ブースとして設けられ、多くの来場者の目を引いた(図3)。展示内容はいずれも、見た人の感覚を刺激し、ディスプレーの新たな応用提案が生まれるきっかけとなるように、工夫がなされていた。単にディスプレーパネルを展示する従来の内容とは、一線を画すものだった。具体的には、以下の展示デモを行った。

図3 JDIのブース
後方に見えるように、周囲には多くのスタートアップ企業の小ブースが並んでいる。JDIの特設ブースは36m2の広さだが、存在感を示していた。
[画像のクリックで拡大表示]

(1)ヘッドアップディスプレー(HUD)搭載スマートヘルメット「Sparta」(図4
(2)透明液晶を搭載したレーサー用ヘルメット(図4)
(3)香りと光でくつろぎを与える「Scent Device」(図5
(4)電子棚札システム「Dynamic Pricing Solution(DPS)」(図6
(5)見守り名札「Safety tag」(図7
(6)電池駆動のデジタルサイネージ「Built-in buttery Signage」(図8
(7)高速応答、超高精細液晶を用いたヘッドマウントディスプレー(HMD)(図9

図4  HUD搭載スマートヘルメット「Sparta」(左の2つ)と、透明液晶を搭載したレーサー用ヘルメット(右)。左は、今回の展示にかける思いを語ったJDI 常務執行役員CMOの伊藤嘉明氏
[画像のクリックで拡大表示]
図5 香りと光でくつろぎを与える「Scent Device」
中央の黒い箱形デバイス(プロットタイプ)から香りを発するとともに、ユーザーの属性に応じて上面のディスプレーのコンテンツや香りをAIによって制御する。
[画像のクリックで拡大表示]
図6 電子棚札システム「Dynamic Pricing Solution(DPS)」
台湾E Ink Holdingsとの業務提携のもとで開発した、3色表示が可能な横長電子棚札ディスプレーを使用している。AIによって商品の販売実績を分析し、価格弾力性を算出して最適価格を表示するソリューション。AIもJDIで開発した。
[画像のクリックで拡大表示]
図7 見守り名札「Safety tag」
小学生などの安全を見守る名札。メモリーを内蔵した反射型ディスプレーと太陽電池を組み合わせており、充電なしで使える。
[画像のクリックで拡大表示]
図8 電池駆動のデジタルサイネージ「Built-in buttery Signage」
32型の反射型液晶ディスプレーにバッテリーを搭載し、電源コード無しで表示できる。停電や災害にも対応できる。
[画像のクリックで拡大表示]
図9 ヘッドマウントディスプレー(HMD)
高速応答、超高精細の液晶パネルを使用しており、より現実に近い映像が見える。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら