韓国液晶パネル大手のLGディスプレー(LG Display)は7月25日、2018年4~6月期の営業損益が2280億ウォン(約223億円)の赤字に転落したと発表した(英文ニュースリリース)。パネルの価格下落と需要の低迷が響いたという。

 同社の赤字転落に象徴されるように、ディスプレー業界は難局を迎えている。パネルの需給バランスが崩れて供給過剰となり、業界は不況期に突入した。この先、ディスプレーの需給や市況はどうなっていくのか。英国の調査会社IHS Markitのテクノロジー部門が7月26~27日にフォーラムを開催、シニアディレクターを務めるDavid Hsieh氏が同フォーラムの冒頭で今後の見通しについて説明した。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら