中華スマホの先頭グループを構成する1社、中国Vivo(ビボ)のハイエンドスマホ(スマートフォン)「Vivo NEX」シリーズ。2018年6月開催の「MWC上海」でお披露目された有機ELパネル搭載モデルだが、スマホの最新トレンドである全面ディスプレー(ベゼルレス:Bezel-less)をいち早く採用している。

 スマホの額縁(ベゼル)がなくなってディスプレーが上下左右いっぱいに広がると、スマホの前面にあったフロントカメラや近接センサーはどこへ行くのだろうか。今回はVivo NEXの分解を通じて、その答えを探ってみたい。

Vivo NEXの外観
画面表示すると、前面いっぱいに広がるディスプレー領域全体が発光する
[画像のクリックで拡大表示]
Vivo NEXを分解したところ
筐体下部のサブ基板(PCB#2)にSIMカードスロットを搭載するため、サブ基板のサイズが一般的な中華スマホよりやや大きい
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら