2017年秋に発売された米Apple(アップル)のiPhone Xは、基板2枚を上下に重ねた「二階建て基板」を採用する(関連記事「印象に残ったiPhone Xの電源周り、無線充電の機能強化に期待」)。2枚の基板には4つの面があり、そのうち1面は部品を何も搭載していない。その目的については「高性能化するICの発熱を逃がす」「バッテリー容積の確保」「将来の拡張に備えた空きスペース」など様々な可能性が論じられた。

 中国Huawei Technologiesのスマ―トフォン(スマホ)「Huawei Mate RS」も、iPhone Xと同じような二階建て基板を搭載する。今回はHuawei Mate RSの分解を通じて、二階建て基板の目的は何なのかを改めて考えてみたい。

Huawei Mate RSの外観
ディスプレー下部に「PORSCHE DESIGN」の刻印がある。ハードウエアはHuawei Technologies製。Porsche Designは待ち受け画面などのデザインを担当した
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら