中国・上海で2018年6月27日から29日まで、モバイル関連展示会「Mobile World Congress上海 2018」(以下、MWC上海 2018)が開催された。スペイン・バルセロナで毎年2月下旬から3月初旬にかけて開催されるモバイル業界最大の祭典「Mobile World Congress」のアジア版である。2016年から毎年開催されており、今年が3回目となる。

 ワールドワイドで年間16億台に上るスマートフォン(スマホ)出荷台数の半分弱は、いまや中国メーカー製である。筆者はモバイル業界で仕事の機会を得ているにもかかわらず、恥ずかしながら、これまで世界最大のモバイル大国である中国を訪れる機会を持たなかった。

 今回、中国訪問を後押しして下さった皆様に感謝しつつ、中国・上海の印象とともにMWC上海 2018のハイライトを紹介したい。

MWC上海のメイン会場となった上海新国際博覧中心
展示会場としての規模は世界第2位。複数の巨大なホールがあり、正しいエリアの反対側でタクシーを降りた筆者は、炎天下を30分歩くはめになった
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら