中国ファーウェイ(Huawei Technologies)は2018年4月、世界で初めて3眼カメラを背面に搭載したスマートフォン(スマホ)「Huawei P20 Pro」を発売した。6月26日現在、NTTドコモのオンラインショップでは、一括払い機種代金10万3680円(税込み)とある。ドコモ向けモデルの価格イメージであり、実際の購入時には顧客の契約状況によって割引が適用されるようだが、中国ブランドのスマホとして、おそらく初の10万円超えである。

 10万円超のプレミアムスマホであるP20 Proには、3つの特徴がある。1つは有機ELパネル、2つめはディスプレー上部の切り欠け(ノッチ)、そして3つめが背面の3眼カメラである。この3眼カメラの効能や必要性について、多くの方と意見交換する機会を得た。今回は、その報告を交えてP20 Proを紹介したい。

Huawei P20 Proの外観
[画像のクリックで拡大表示]
背面のテキスト拡大
ドイツの光学機器メーカー「LEICA」の文字がある
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら