Bluetoothはもともと、携帯電話にアクセサリー(主にヘッドセット)を接続するための簡易無線プロトコルとして開発されました。その後、圧倒的ともいえるインターネットの普及により、開発当時にはTCP/IPを流すことなど考えていなかったはずのBluetoothでも、IPを扱うことが求められるようになりました。その試みとして最近はBluetooth 4.1LE以降のIP Support Profileがありますが、過去にはBluetooth Classicでも何度かトライされました。

 今回はIP over Bluetoothの過去と現在、そして実際に使ってみた結果を解説します。まずは「過去のIP over Bluetooth」について簡単に紹介しましょう。

ダイヤルアップPPPベースのLAP

 「IP over Bluetooth」の最初の試みがLAN Access Profile(LAP)です。LAPは携帯電話を無線モデムとして扱い、パソコンと携帯電話間を接続する目的で、2001年2月に制定されました。仮想シリアルポートであるRFCOMMの上に、ダイヤルアップ接続プロトコルのPPPを乗せます。このためLAPはIP over Bluetoothとはいうものの、子機と親機間の1:1接続しかできません。2001年には既にブロードバンド時代に入りつつあり、ダイヤルアップPPPベースという点も古臭く思えました。かくしてLAPは、それほど使われないまま、2003年6月には早くも廃止宣言(Deprecated)がなされました。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら