2016年12月6日、Bluetooth 5の詳細仕様(Core Spec 5.0)が正式に公開されました。前回紹介したように、その半年前に発表されたニュースリリースについてはIT系のニュースメディアがこぞって取り上げたものでしたが、正式公開のタイミングではほとんど話題になりませんでした。

Bluetooth 5の技術解説書
出所:Bluetooth SIG

 今回はこのBluetooth Core Spec 5.0から、Bluetooth 5の新機能「x2 speed」「x4 range」「x8 data」「Mesh」の結末について解説します。なお、Bluetoothの仕様改定についてはCore SpecのVol.0 Part.Cにまとめられています。

「x2 speed」はシンボル速度の高速化だった

 「x2 speed」として宣伝された2Mbpsモードは、やはりGFSK変調のままシンボルレートを2Mシンボル/秒に向上させるものでした(bpsはビット/秒)。PHY仕様についてはVol.6 Part.A 4.4に、MACフォーマットはVol.6 Part.B 2.1にそれぞれ示されています。

 1Mbpsも2Mbpsもフォーマットはほとんど同じですが、2Mbpsモードではプレアンブル時間が同じ8µ秒のまま有効データ密度は2倍の16ビットに増えています。プレアンブルパターンはどちらも「01010...」の繰り返しで、シンボルの反転間隔から1Mbps/2Mbpsの変調モードを判定するようです。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら