同じ地域に住む需要家同士が電力を売買するP2P(Peer to Peer)取引をベースにしたLEM(Local Energy Market:地域エネルギー市場)の実証プロジェクトが世界で活発化している。牽引しているのは、ブロックチェーンを活用して、個人間の小規模で膨大な取引をセキュアかつトレーサビリティを確保して実行するプラットフォームを開発しているスタートアップだ。小売事業者などに対してSaaS(Software as a Services)でプラットフォーム機能を提供するなど、新たなビジネスモデルを模索し始めた。

米国初の商用ベースの「地域エネルギー市場」を構築へ

 ブロックチェーンを活用した電力取引プラットフォーム開発会社の米LO3 Energyは2019年11月20日、米国バーモント州の小売電気事業者のGMT(Green Mountain Power)と共同で、GMTの顧客向けにLEMを構築し、顧客同士で電力を取り引きするサービスを開始すると発表した。

 当面、スキーリゾート施設、クラフトビール工場、酪農家など限定されたGMTの顧客向けに提供し、その後広く、一般家庭や商業施設などに広げていく計画である。「米国のエネルギー業界にとって画期的な瞬間だ」とLO3 EnergyのCEOであるLawrence Orsini氏は語る。

[画像のクリックで拡大表示]
図1●LO3 Energyが想定するLEM向けビジネスモデル
小売事業者向けにSaaSによりLEMを実現するソフトウエア・プラットフォームを提供。小売事業者は、通常の小売契約に基づく電力供給・精算と共に、プロシューマーが生産した余剰電力をクラウドベースのLEMプラットフォームでブロックチェーン管理に基づいて、コンシューマーとのP2P取引を仲介する(出所:LO3 Energyへの取材や資料を基に日経BP総研クリーンテックラボが作成)

 GMTはバーモント州を拠点とし、顧客向けに再生可能エネルギー由来の電力を提供することに注力している。既に供給電力の60%が再エネとなっており、2030年までに100%に上げることを目標にしている。同社は、水力発電所や大規模太陽光発電所(メガソーラー)、風力発電所などの再エネ発電所を保有すると共に、他社からPPA(電力販売契約)によって再エネ電気を調達している。

 しかし、再エネ100%を達成するためには、地域の需要家が持つ小規模な分散電源を活用する必要があり、LEMはそのために重要な役割を果たすと見る。

 LO3 Energyは、2016年に世界で初めて、ニューヨーク市ブルックリンでブロックチェーンを活用したP2P取引の実証プロジェクト「Brooklyn Microgrid」を実施。そこでの成果を基盤として、LEM向けプラットフォーム「Pando」を開発し、小売電気事業者にSaaSによって提供するビジネスモデルを考案した(図1)。GMTに対しても「Pando」を供給するという。

 LEMプラットフォームでは、太陽光パネルなどを保有した売り手であるプロシューマーと買い手であるコンシューマーの双方にアプリケーションを配布し、画面上で電力取引を可能にする(図2)。

[画像のクリックで拡大表示]
図2●LEM向けのプラットフォーム「Pando」の顧客向けアプリケーション画面
左は初期画面でLEMの市場価格や自分の入札値などを確認できる、中央は買い入札の画面、右はプロシューマーとして電力を売った顧客が日時・月次で取引記録や収益額を確認できる画面(出所:LO3 Energy)

 コンシューマーはビッド(買い手の希望価格)を提示し、LEMプラットフォームのアルゴリズムによって売りと買いをマッチングさせる。同アプリでは、LEMにおける市場取引価格や取引記録を確認すると共に、毎日いくらまで購入するかや、上限予算も設定できる。プロシューマーも売った電力の取引記録や収益額を確認できる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら