イメージセンサーでトップシェアに位置するソニーグループが、新しい3種の同センサーを半導体素子の学会「65th International Electron Devices Meeting(IEDM 2019)」(2019年12月7~11日、サンフランシスコ)で発表した。いずれも「業界初」(同社)の技術を採用した、同社こん身の成果である。イメージセンサーなどを取り上げる「セッション16」の全7講演中、招待講演を含めてソニーグループが4件と、過半を占めた。いずれも発表後は質問が絶えず、講演後も質問や情報交換をしようとする参加者の列が続いた。

 3件の発表のうち、用途を明確にしているのが、暗所でのオートフォーカス性能を高めたモバイル向けイメージセンサーである。開発したのはソニーセミコンダクタソリューションズとソニーセミコンダクタマニュファクチャリングのグループである。新構造を採用し、1ルクス(lux)という月明かりのほどの環境でも、位相差検出方式のオートフォーカス(PDAF:Phase Detection Auto Focus)を安定して実行できるようにした。従来構造品では、同程度のPDAFを実行しようとした場合、ろうそくの火の明かりほどの約10ルクスが限度だったという。開発品の画素数は4800万で、サイズは1/2型。画素サイズは0.8μm角である。

従来型(QBC、黒線)と開発品(2×2OCL、赤線)のイメージセンサーのPDAF性能の比較(出典:IEDMとソニーグループ)
[画像のクリックで拡大表示]

 このセンサーはまだスマートフォンなどに搭載されていないもよう。ただし、IEDMやISSCCで発表するモバイル向けイメージセンサーは、スマートフォンに採用済み、あるいは近々採用される見込みのものが多い。そのため、発表品は2020年のスマートフォンにも搭載されそうだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら