米キーサイト(Keysight Technologies)は、同社のEDA製品の最新版「PathWave ADS(Advanced Design System) 2020 update1」のリリース(提供)を開始した。最新版の目玉の1つ、DDR5型SDRAM搭載ボードの伝送シミュレーションについて、キーサイト・テクノロジーに話を聞いた。

 次世代DRAMのDDR5型SDRAMを搭載したパソコンなどの機器が2020年にも登場すると見られている(関連記事)。DDR型SDRAMなどの高速メモリーを搭載した機器の開発に欠かせないのが、伝送線路シミュレーターである。伝送線路シミュレーターは、ボード上に実装されたチップ間でやりとりする信号波形をコンピューター上で模擬する。伝送線路シミュレーターによって、誤動作しないか、不要な雑音を発生しないといったことを確認できる。問題が見つかれば、設計を修正する。これで、試作ボードや試作機器の作り直し回数を低減できる。

 Keysightは、DDR型SDRAMとMPUなどのプロセッサー間の信号波形解析に向けた伝送シミュレーターとして、ADSに含まれる「DDR Bus Simulator」を開発・提供してきた。さらに同社は、DDR Bus Simulatorとそのセットアップなどに向けたGUIを組み合わせたADS向けのパッケージとして「Memory Designer」も開発・提供している。既存の(PathWave ADS 2020までの)DDR Bus Simulatorは、DDR4型SDRAMまでをサポートしてきた。シミュレーションに使うモデルは、米Intelが主導して開発・標準化したIBIS(Input/Output Buffer Information Specification)形式を取る。

DDR Bus Simulator実行画面例。Keysightのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]
Memory DesignerのDDR Bus Simulatorセットアップ画面例。キーサイトのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら