AGCは素材開発を加速をさせるために、AR(拡張現実)技術を開発現場に導入する。Webプラウザー上でARを使える「WebAR」技術を、同社の生産技術部などで2019年12月から試験運用する。素材の開発では量産に至るまで数十年かかることもあり、開発の遅れが課題になっていた。この課題を解決する手段として、同社はAR技術に着目した。素材を量産するための生産設備の開発期間を「30%削減できる」(同社)という。

 想定する利用イメージはこうだ。例えば、設備を生産現場に設置したときに、使い勝手に問題がないか、設備が邪魔になって現場の作業効率を損ねたりしないかどうかを、設備の設計段階で確認する。設備の設置を検討している場所でスマートフォン(スマホ)をかざす。すると、その場所の実写映像上に、開発中の設備の3Dモデルを重ねて表示できる。設備の3Dモデルはあらかじめ用意しておく。

 このように、開発中の設備をそのままの形状やサイズ感で現場風景に重ね合わせて表示することで、設備を設置したときの生産現場の状況をつかむことができる(図1、図2)。もし問題があることが分かったら、設備の開発現場に速やかに伝えて、無駄な試作などを減らす。

図1 ARの利用イメージ
装置増設後のフロアレイアウトに問題がないかどうかを確認している例(提供:AGC)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 発表会でのデモンストレーションの様子
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 AGCが今回導入し試験運用するWebARは、AR技術のスタートアップのKAKUCHO(本社:東京都渋谷区)が開発したもの。専用のスマートフォン用アプリケーション(アプリ)などを開発することなく、Webブラウザー上でARを簡単に使うことができる。あらかじめWebサイトのURLを共有しておき、利用者がそこにアクセスすると、ARのための画像が表示される。WebサイトのQRコードを作成しておけば、それをスマホでスキャンするだけでいい。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら