STマイクロエレクトロニクスは、ET & IoT Technology 2019(Embedded Technology 2019/組込み総合技術展 & IoT Technology 2019/IoT総合技術展::11月20日~22日にパシフィコ横浜で開催)にブースを構え、伊仏合弁STMicroelectronicsの産業向けセンサーなどを展示した。その中には、初めて日本で公開した製品がいくつかあった。

STマイクロエレクトロニクスのブース。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、正面ステージには、産業用3軸加速度センサー「IIS3DWB」(製品紹介ブリーフ)が展示されていた。周波数範囲がDC~5kHz(±3dBポイント)と広いことが特徴である。「一般的なMEMS加速度センサーはDC~1、2kHzといったところ。民生用途ではそれで問題ないことが多いが、産業用途では高い周波数の振動もセンシングしたいという要求が強い。展示品は、それに応えて開発した」(ブースの説明員)。例えば、産業用モーターに取り付け、予知保全に威力を発揮するという。IIS3DWBは量産出荷中である。14ピンLGAパッケージ(2.5mm×3.0mm×0.83mm)封止で、動作温度範囲は-40~+105℃。

左端が産業用3軸加速度センサー「IIS3DWB」、右2つがIoTセンサーモジュール「SensorTile.box」。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 IIS3DWBの隣には、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」(ニュースリリース)が展示されていた。温度、湿度、大気圧、地磁気、6軸モーション、3軸角速度のセンサー、マイクといったセンサー群に加えて、32ビットマイコン(STM32L4R9)、リチウムイオン電池(500mAh)、microSDカード(8Gバイト)などを含む。6軸モーションセンサーは機械学習用のプロセッサーを含む。正常時と異常時のデータを使って人が学習させると、ルールベースのような機械学習モデルができあがり、これを使って正常稼働/異常稼働を見極められる。「ニューラルネットを使った本格的な機械学習システムの開発前に、学習とはどういうものかを理解してもらうことがこのモジュールの用途の1つ」(ブースの説明員)という。

■変更履歴
この記事の掲載当初、タイトルに謝りがありました。「5GHz」は誤りで、正しくは「5kHz」でした。お詫びして訂正します。タイトルは修正済みです。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら