Q.市販プラモデルに3Dプリンター製部品、何がうれしい?
写真:スタジオキャスパー、モデル製作:佐藤良雄
[画像のクリックで拡大表示]

ハセガワ(本社静岡県焼津市)は2019年に発売したジェット戦闘機の市販プラモデルキットの一部に、3Dプリンターで造ったエンジン排気ノズル部品を入れている。評判は上々で、すぐに在庫はなくなったという。プラモデルキットといえば、中身は金型による量産成形品そのもの。3Dプリンター製部品がユーザーにとってうれしかった点は何か。

  • [1]部品がより精密になる
  • [2]キットがより安くなる
  • [3]塗装が不要になる

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら