ET & IoT Technology 2019(Embedded Technology 2019/組込み総合技術展 & IoT Technology 2019/IoT総合技術展)がパシフィコ横浜で2019年11月20日に始まった(22日まで)。ET & IoT Technologyでは、例年、組み込み業界の発展と国内産業の競争力向上に寄与する、優れた組み込み技術や製品、ソリューション、サービスを表彰する、ET/IoT Technologyアワードが設けられている。

ET/IoT Technology 2019アワード受賞案件のパネル。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 今年は、出展者が合計50件を応募、その中からアワード審査会が厳選なる審査を行って、各賞を決めた(ニュースリリース)。最上位の賞であるグランプリには、Idein(イデイン、本社:東京都)のソフトウエア「Actcast(アクトキャスト)」(関連記事)が選ばれた(ブース No:D-01 Future Design Pavilion 内)。Actcastは、組み込み開発の定番ボード「Raspberry Pi」に搭載されたモバイル向けメディア処理プロセッサー(米BroadcomのVideoCore IV(BCM2763))を使って推論処理を実行するためのソフトウエアである。学習済みのDNNをActcastに入力すると、VideoCore IVに集積されたGPUコア上でそのDNNを展開・実行するコードに変換して出力される。審査会の発表によれば、Actcastは突出したアイデア・技術を備えており、本来のスタートアップ部門から格上げを決定して、グランプリに選定したという。

Ideinのブース。日経 xTECHが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら