太陽光パネルの77%が破損

 経済産業省は10月28日、新エネルギー発電設備事故対応・構造強度ワーキンググループ(WG)の会合を開き、台風15号で破損事故を起こした「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」に関し、発電事業者の京セラTCLソーラーから事故の経緯や状況、事故原因の調査状況など、これまでに分かった途中段階での報告を受けた。

 「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」は千葉県市原市のため池「山倉ダム」で2018年3月に運転を開始した。出力は約13.7MWに達し、水上設置型の太陽光発電所では国内最大規模。台風15号が千葉県を通過した9月9日午後、火災が発生した。台風の強風で、フロート架台が押し流されつつ損壊し、複数個所から発火し、炎と煙が立ち上った(関連記事:台風15号で水上メガソーラーが損壊し火災、強風で流されパネルが折り重なる)。

 京セラTCLソーラーによると、事故の経緯は以下だ。9月9日午前6時半頃、千葉県佐倉市の監視センターと電気主任技術者の携帯端末に「直流漏電」のアラームがあり、7時半頃に電気主任技術者が現場に急行し、破損を確認。7時50分~8時半の間に全パワーコンディショナー(PCS)を停止した。13時に火災を検知して消防に連絡、14時に消火活動を始めて、17時20分に鎮火した。人的被害はなかったが、太陽光パネル5万904枚のうち、77%程度が風に押し流されて破損し、一部が発火して焼損した(図1)(図2)。

図1●7割以上のパネルが北側の岸に流された
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
図2●パネルが折り重なって短絡し、火災が発生した
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]