「電動パワーステアリング(EPS)の競合としては、(ショーワと日立オートモティブシステムズは)小さな相手だと感じていて、これまであまり意識していなかった。だが、4社が統合したことで統合制御システムなどが実現することになる。(事業規模は)小さなドイツ・ボッシュ(Bosch)のようなものだ。これからは意識していかないとならない」――。ジェイテクトの安形哲夫社長は、ホンダと日立製作所の子会社4社が統合した新会社を強力なライバルと認め、対抗心を示した(図1)。

図1 ジェイテクトの安形哲夫社長
ジェイテクトは2019年11月19日、同社が注力する事業や新規事業についての説明会を実施した。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリングサービス、電動化)をきっかけに激しさを増している部品メーカーの再編は、大手部品メーカーにとって気を許せない状況を生み出している。中でもジェイテクトが警戒感を強めているのが、EPSに関連する事業である。

 ジェイテクトは現在、自動運転と電気自動車(EV)の分野に関する事業に力を注いでいる。特に自動運転分野はEPSが関連する同社の本丸事業として位置づけており、新たな取り組みを進めているところだ(図2)。

図2 ジェイテクトが提案する左右独立型ステア・バイ・ワイヤのシステム
ステアリングラックを使わず、左右の車輪が独立する構造。車輪の操舵(そうだ)はサスペンション上部の装置で行う。2025年頃に自動車メーカーへ提案することを目指す。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年4月にジェイテクト、デンソー、アイシン精機、アドヴィックスの4社が共同で出資して設立した「J-QuAD DYNAMICS(ジェイクワッド ダイナミクス)」はその1つだ(図3)。ジェイクワッド ダイナミクスは自動運転の統合制御ソフトウエア開発を担う。ジェイテクトの出資比率は5%と低いものの、出向者を派遣したり、車両制御全体の機能を勉強させるために社員を送ったりなど人材の交流を活発に行っているという。統合制御をきっかけにEPS単体での提案からの脱却を図り、「走る」「曲がる」「止まる」を統合的に提案できる体制を整える方針だ。

図3 自動運転の統合制御ソフトウエア開発を担う「J-QuAD DYNAMICS(ジェイクワッド ダイナミクス)」
ジェイテクト、デンソー、アイシン精機、アドヴィックスの4社が共同で出資して2019年4月に新会社を設立した。(出所:ジェイテクト)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら