世界的な景気減速感がある中、ダイキン工業(以下、ダイキン)の好業績が目立っている。2019年度(2020年3月期)は10期連続の増収・増益、かつ7期連続の最高業績となり、売り上げと営業利益の両方で過去最高の更新を見込んでいる。

 「皆さんの関心は決算の内容ではないだろう。各メーカーが軒並み減益を発表し、下方修正する企業が多い中で、なぜダイキンが増収・増益なのか? ではないか」。ダイキン代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)の十河政則氏は、2019年度中間決算発表後の取材でこう切り出した。その通りだ。

 十河社長に聞きたいのは、なぜダイキンは韓国メーカーを「駆逐」できたのかであり、今後、中国メーカーをどう「駆逐」するかだ。言うまでもなく、電機メーカーを筆頭に、これまで日本メーカーはかなり韓国・中国メーカーにやられてきた。にもかかわらず、どうしてダイキンは彼らに勝てるのか。失礼ながら、同社が造っているのは超ハイテク製品ではなく、同社が自ら口にする「ローテク」製品だ。コモディティー化する製品の多くで日本メーカーが失速しているのに、なぜダイキンは競争優位性を保てるのか。

[画像のクリックで拡大表示]
ダイキンの十河政則社長兼CEO
(写真:日経 xTECH)

 この疑問を十河社長にストレートにぶつけたところ、次のような回答を得た。

十河社長:韓国メーカーがアジアで戦えないようにしたのは、ダイキンだと思っている。まず、韓国メーカーが弱いインバーター技術を使い、新商品の圧倒的な品ぞろえでもって市場を押さえた。これにより、韓国メーカーは二番煎じの手しか取れなくなった。

 アジアは冷房専用地域が多く、電力事情が悪くて電気代が高い。そのため、価格が多少高くても、ランニングコストの安い方に飛びついてくる。それを支える中間所得層がどんどん増えている。当社はインバーターを搭載した冷房専用機をいち早く投入した。その市場を我々が自ら創っていった。これで韓国メーカーが太刀打ちできない状況を構築した。

 すると、韓国メーカーはボリュームゾーン、すなわちノンインバーターの「安物」市場を攻めてきた。ここでも当社は(韓国メーカーが)戦えないように、ノンインバーター市場を押さえた。当社はここで儲けようとは思っていない。韓国メーカーに市場を荒らされないように手を打ったのだ──。

 これが十河社長が語る、韓国メーカーの「駆逐」法だ。では、中国メーカーをどう「駆逐」するのか。この質問についても、十河社長の回答は明快だった。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら