米グーグル(Google)は、2019年10月に発売したスマートフォン「Pixel」シリーズの最新機種「Pixel 4」に、さまざまな新機能を搭載した(関連記事)。この中で、「仕事に役立つ」と報道関係者やビジネスパーソンなどから注目を集めた機能が、新しい音声レコーダーアプリである。現状で対応するのは英語だけにとどまるものの、クラウドに接続することなく、Pixel 4内部、いわゆる「on device(オンデバイス)」ながら、高い精度で音声を認識し、それをほぼリアルタイムで文字に起こせることを特徴にする。この新アプリの基になった音声認識技術の実力や今後の展開などについて、グーグルの担当者であるSagar Savla氏が報道機関に向けて語った。

グーグルのSavla氏(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら