「GoogleはVR事業から撤退するのか?」――。米グーグル(Google)が米ニューヨークで開催したハードウエア関連の発表会「Made by Google」(2019年10月15日に開催)が終わると、VR(Virtual Reality)コンテンツ開発者の間では、この話題で持ちきりとなった。同イベントで発表したスマートフォン(スマホ)の新製品「Pixel 4」が、グーグルが提供するスマホ向けVR(モバイルVR)プラットフォーム「Daydream」に対応しないことが明らかになったためだ。

 実は、従来製品「Pixel 3a」でもDaydreamに対応していなかったが、スマホの処理性能が低いためだと推測されていたのだ。しかし、性能が上がったPixel 4でもDaydreamは対応されなかった。

 スマホを挟んで使用するDaydream用の専用ヘッドマウントディスプレー(HMD)「Daydream View」が、販売終了したことも判明した。販売ストアからDaydream Viewがひそかに消えたのを、開発者たちは見逃さなかった。2016年10月の発売から約3年で姿を消した。

グーグルの「Daydream View」の外観
写真は2017年に発売した新型のもの。外側のフタのような部分(写真右下)とレンズ部分との間にスマホを挟んで使用する。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 グーグルがモバイルVRで失敗したのは、3つの理由がある。まず第1に、プラットフォームとしての強みをユーザーに訴求できなかったからだ。例えば、米フェイスブック(Facebook)子会社の米オキュラスVR(Oculus VR)のアプリストアには、スマホ向けに多くのVRゲームやVRアプリが並ぶ。Daydreamのアプリストアと比べると、数倍以上のコンテンツが用意されている。Daydream専用のVRアプリは少ないので、わざわざDaydreamを選ぶ理由がなくなってしまう。

 第2の理由はライバルの存在が大きいことだ。Daydream Viewは高品質なVR体験をスマホで実現するとして2016年10月に発表されたが、前年の2015年には、同様に高い体験の質をうたうモバイルVR向けHMDとして、オキュラスと韓国サムスン電子が共同開発した「Gear VR」が発売されていた。

 Gear VRの出荷台数は、2017年初頭に500万台を超えたとサムスン電子が発表した。調査会社の英IHSマークイットは、2017年のモバイルVR用HMDの出荷台数について、Daydream Viewが223万台、Gear VRが410万台と予測しており、Gear VRの累積出荷台数は1000万台を超える勢いを見せていた。

 第3に、モバイルVR自体が、その役割を終えようとしていることが挙げられる。現在のVR用HMDの主流が、どのスマホでも使える汎用機から、各社が開発した専用ハードウエアへと移りゆく時期にある。2018年以降、オキュラスの「Oculus Quest」や中国レノボの「Lenovo Mirage Solo with Daydream」など、単体動作型(スタンドアローン)で高品質な体験が可能なVR用HMDが複数登場してきたのが背景にある。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら