トヨタ自動車が2020年に投入する新しい自動運転機能に、ソフトウエアの遠隔更新で機能拡張する「OTA(Over the Air)」を採用することが日経 xTECHの調べで分かった。自動運転の水準変更やサービス領域の拡大などに使うことを想定。「走るスマホ」と呼べるクルマにして、発売後もソフト更新で商品力を高めていく。

 トヨタはかねて、カーナビ用地図データなどの情報系ソフトでOTAを実現していた。2020年に実用化するOTAは、「走る・止まる・曲がる」に関わる中枢の制御系ソフトに適用する。OTAは、悪意あるハッカーにとって攻撃するときの格好の入り口になる。安全性やセキュリティーなどを大きく高めて、制御系ソフトへのOTAを実現する。

 OTAで自動運転機能を拡張する取り組みは、米テスラ(Tesla)が先行する。車両発売後にOTAで機能を高め続けて消費者の信頼を獲得し、販売を増やしてきた。トヨタは、テスラを追いかける。2020年には、ホンダにもOTAを導入する計画がある。

将来はリコール費用の削減も

 トヨタがOTAを適用する新しい自動運転機能は、現行レクサス「LS」に採用する運転支援機能「Lexus Safety System+A」の進化版と位置付けられるもの。高速道路の入り口から出口まで、「ハンズオフ(手放し)」で走れることを狙う。日産自動車が2019年に日本で発売した「スカイライン」の自動運転機能に近いものになりそうだ。

トヨタはレクサス「LS」で「Lexus Safety System+A」と呼ぶ運転支援機能を搭載する。自動操舵(そうだ)回避支援機能などを採用している。2020年に投入する新機能は、同システムの進化版とみられる。(写真:トヨタ)

 一方で、実用化当初はハンズオフで走れる地域が、主に高速道路などに限られる見込み。高精度地図などを用意できない地域では、基本的に使えないためである。高精度地図の整備は緒に就いたばかり。整備が進むのに合わせて自動運転機能の適用範囲をOTAで広げられると、利便性を高められる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら