USBの仕様策定団体である「USB-IF」は、USBの次世代仕様である「USB4」を策定したことを2019年9月に発表した(発表資料)。USB 3.0の仕様が策定された2008年から実に11年ぶりの大幅なアップデートである。

 USBは、1.0から2.0、2.0から3.0、そして3.1、3.2とそのバージョンを重ねるたびに最大データ伝送速度を高めてきた。USB4では、信号線1対当たり20Gビット/秒、2対利用してケーブル1本当たり40Gビット/秒に達した(関連記事)。これは片方向の速度で、アップストリームとダウンストリームのそれぞれで40Gビット/秒の双方向通信が可能である。この速度は、これまでの最新仕様だったUSB 3.2の2倍に相当する。電気信号を利用した機器間インターフェースとしては、「Thunderbolt3(サンダーボルト・スリー)」に並ぶ高速なものとなった。

USB4に関するUSB-IFのプレスリリースをキャプチャーしたもの
[画像のクリックで拡大表示]

 高速化するほど、大容量のデータ転送にかかる時間を短縮できるので利便性が向上する。だが、USB4の本質はデータの高速化ではない。「Universal Serial Bus」という名に恥じない「ユニバーサルインターフェース」になったことである。裏には、乱立するインターフェースを統一したいという米アップル(Apple)の意図が透けて見える。

 USBはこれまで、高速化するとともにさまざまな機能を搭載して、機能集約化を進めてきた。その流れを一気に加速させたのが、Type-Cコネクターである。1つのインターフェースポート(1種類のコネクター)で、DisplayPort(以下、DP)やHDMI、Thunderboltといったさまざまな信号を伝送できるようになった。さらに、最大100Wを供給できる給電仕様「USB Power Delivery Specification(USB PD)」の登場で、ACアダプターまで飲み込んだ。ノートパソコンすら、難なく駆動できる水準である。

 こうしたインターフェースや電源の集約化が進む中で、登場したのがUSB4だった。USB4は、USBをその名の通りユニバーサルインターフェースとするための「詰め手」になる仕様だ。というのも、USB4は他のインターフェース信号をType-Cに比べてより効率よく伝送できるようになるからだ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら