トヨタ自動車の業績が好調だ。同社が2019年11月7日に発表した2019年度第2四半期累計(2019年4~9月)の連結決算は、増収増益を達成した。売上高は過去最高を更新し、営業利益は前年同期に比べて11.3%の増加となった。売上高営業利益率は9.2%に達する。既に同期の連結決算を発表したマツダやスズキ、三菱自動車は大幅な減益に追い込まれており、トヨタの“ひとり勝ち”状態といえる。

 好業績に寄与したのは、世界販売台数の増加や原価低減の取り組みなどである。同社執行役員の今健太氏は同日に開いた会見で世界販売について、「日本や北米、欧州で新型車の販売が好調に推移した」と述べた(図1)。

図1 トヨタ自動車執行役員の今健太氏
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年度第2四半期累計の世界販売台数(連結販売台数)は、前年同期に比べて4.9%増加の463万9000台だった。日本や北米、欧州、アジア(中国を含む)など全ての地域で販売台数を増やした。

 日本と北米、欧州では中型SUV(多目的スポーツ車)「RAV4」や中型車「カローラ」などの新型車の販売が好調だった。中国ではカローラや中型セダン「レクサスES」などの販売が好調で、「ハイブリッド車(HEV)も受け入れられている」(今氏)という(図2)。

図2 世界販売台数(2019年度第2四半期累計)
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年度通期(2019年4月~2020年3月)の世界販売は、期初の計画を5万台下方修正して895万台とした。日本は期初の計画より3万台増加の224万台、中南米やオセアニアなどの「その他地域」は同2万台増加の136万台を計画するが、アジアは同10万台減少の163万台を見込む。アジアでは中国の販売計画は変更せず、市場が縮小するインド、インドネシア、タイの販売計画を下方修正した(図3)。

図3 2019年度通期の世界販売計画
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら