スウェーデン・ボルボ(Volvo)が日本で発売した新型セダン「S60」――。その最上級モデルとなるのが、Volvoの電動車ブランドである「Polestar」の名を冠したプラグインハイブリッド車(PHEV)モデル「T8 Polestar Engineered」である(図1)。パワートレーンには、前輪を駆動する排気量2Lの直列4気筒スーパーチャージャー付きターボエンジンと、後輪を駆動するモーターを搭載。最高出力はエンジンが245kW、モーターが65kW、最大トルクは順に430N・m、240N・mという(図2)。

図1 新型セダン「S60」の最上級モデル「T8 Polestar Engineered」
図1 新型セダン「S60」の最上級モデル「T8 Polestar Engineered」
PHEVである。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 T8 Polestar Engineeredのエンジンルーム
図2 T8 Polestar Engineeredのエンジンルーム
このエンジンで前輪を駆動する。後輪はモーターで駆動する。左右のサスペンションタワーの間に配した棒状の白い部材がストラットタワーバー。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型S60にはもう1つのPHEVモデル「T6 Twin Engine AWD Inscription」があるが、そのエンジンの最高出力は186kW、同最大トルクが350N・mで、T8 Polestar Engineeredの方が動力性能が大幅に高い。内外装に専用のデザインを採用する他、ブレーキやサスペンション、ストラットタワーバー、アルミホイールに専用の装備を適用する。

 例えば、前輪のブレーキにはイタリア・ブレンボ(Brembo)製の6ピストン式のディスクブレーキを採用、後輪のブレーキはVolvoの4ピストン式のディスクブレーキを搭載するが、ブレーキパッドはBrembo製という(図3)。ブレーキに加えて、ブレーキホースも専用品だ。これにより、より線形な制動を実現しているという。

図3 前輪のBrembo製6ピストン式ディスクブレーキ
図3 前輪のBrembo製6ピストン式ディスクブレーキ
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら