韓国サムスン電子は、米サンノゼで開発者イベント「Samsung Developer Conference 2019」を開催した。その初日となる2019年10月29日午前の基調講演では、同社の新しいハードウエア製品や新サービスなどをアピール。ハードウエアでは、折り畳みスマートフォンの新型機や、「業界で初めて」(同社)QLEDディスプレーを採用したノートパソコンを披露し、会場を沸かせた。

 サムスン電子は、有機ELディスプレーを備えた折り畳みスマートフォン(スマホ)「Galaxy Fold」シリーズを2019年9月に発売したばかり(関連記事)。現行製品では、横開き、すなわちディスプレーの長辺側がヒンジとなって折り畳んだり、開いたりする仕様になっている。今回、基調講演で披露したのは、縦開きの新機種である。ディスプレーの短辺側をヒンジとして折り畳んだり、開いたりする。具体的な製品名や発売日などは明らかにしなかったものの、2020年の発売を予感させるようなプレゼンだった。

左が横開きの従来の折り畳みスマホで、右が縦開きのもの。スライドはサムスン電子(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
右が折り畳んだ状態。ディスプレーの表示が変わるのがわかる。スライドはサムスン電子(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら