米オートデスク(Autodesk)クラウド&プロダクツ製造担当上級副社長のスコット・リース(Scott Reese)氏は2019年10月9日、同社と日本法人オートデスク(本社東京)が開催した「Autodesk University Japan 2019」で来日し、ジェネレーティブデザイン・ツールの改良について説明した。現在研究開発を進めている、機械学習によるジェネレーティブデザインの高速化についての方法などを明らかにした他、熱伝導や流体に関するシミュレーションを連携させる予定であると語った。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら