記者会見するブラックベリーSVPのケイヴァン・カリミ氏
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 車載OS「QNX」を手がけるカナダ・ブラックベリー(BlackBerry)は、2019年10月8日に開催した「BlackBerry QNX TECHForum 2019」で自動車向けの音響ソフトウエア「Acoustics Management Platform(AMP)3.0」のデモを見せた。

 同社はもともとインフォテインメント(IVI)やメータークラスター、音響、テレマティクスといった領域で強みを持つ。今後の注力分野としては、デジタルコックピットやOTA(Over The Air)、ADAS/自動運転などを挙げており、今回のAMP3.0も従来型の音響というよりは、デジタルコックピットや自動運転を強く意識した内容だった。

今後はデジタルコックピットやOTA、ADAS/自動運転に注力する
(出所:ブラックベリー)
[画像のクリックで拡大表示]

 音響といっても、その内容は幅広い。高音質の音楽再生に加え、車内外のノイズ低減やエンジン音などの生成、マイクを介した車内会話、警告音やチャイムの生成など、多岐にわたる。こうした音響システムは、エンジン音のない電気自動車(EV)や、さまざまな警告を発する自動運転車、複数のHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)機器を統合するデジタルコックピットなどで重要になる。

 これまでは音響の機能ごとに5種類ほどのECU(電子制御ユニット)が必要だったが、今回のAMP3.0を使うと、1個のプロセッサーで完結でき、システムの低コスト化が可能になるという。「セントラルECUへの統合が進む次世代車のトレンドを意識した」(同社SVP and Co Head, Black Berry Technology Solutions, Sales and Business Developmentのケイヴァン・カリミ(Kaivan Karimi)氏)とする。

従来の音響システムは複数のECUに分かれていた
(出所:ブラックベリー)
[画像のクリックで拡大表示]
今回のAMP3.0は1つのECU(プロセッサー)上で動く
(出所:ブラックベリー)
[画像のクリックで拡大表示]

 プロセッサーに求められる性能は具体的に示さなかったが、「ARM Cortex-A」や「Intel x86/x64」といった一般的なプロセッサーコア上で動作し、「それほど高い性能は必要ない」(同氏)という。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら