ソニーグループでゲーム事業を手掛ける米ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、現行の据置型ゲーム機「PlayStation 4(PS4)」の次世代機の名称を「PlayStation 5」と正式に決めた。2020年末の年末商戦に向けて発売する(関連の公式ブログ)。名称と発売時期を明らかにするのは初めて。PS5に関して、8K映像対応や高速なSSDの搭載など、既にいくつかの特徴や仕様を明らかにしている(関連記事)。今回、専用コントローラーに新たな機能を2つ搭載することが明らかになった。

PS5の発売時期などについて発表(画像:公式ブログをキャプチャーしたもの)
[画像のクリックで拡大表示]

 1つは、「アダプティブトリガー」である。ゲーム開発者は、ゲームプレイヤーの操作に合わせて、トリガーの抵抗力を変えるようにプログラミングできる。同トリガーは、PS4用コントローラー「DUALSHOCK 4」で搭載されていた「L2」ボタンと「R2」ボタンを進化させたもの。L2・R2ボタンは、DUALSHOCK 4を握った際に、通常左右の手の中指で押すものである。

「DUALSHOCK 4」(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つは、新たなハプティクス(触覚フィードバック)機能を搭載したことである。DUALSHOCK 4にもフィードバック機能が搭載されているものの、振動をベースにしており、フィードバックの表現には限りがある。PS5のコントローラーでは、より多彩でリアルな触覚フィードバックを提示できるという。例えば、弓をキリキリと引き絞る感覚や、岩場で自動車を一気に加速させる際に生じるゴツゴツとした感覚を再現できるとする。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら