小田急電鉄が出遅れたMaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)の巻き返しに動き始めた。同社は2019年10月7日、沿線の東京都と神奈川県でMaaSアプリの実証実験を始めると発表。10月末から新アプリ「EMot(エモット)」を提供し、アプリを起点に交通と生活のそれぞれのサービスをシームレスに使えるようにする。

 「アプリを使い、デジタルという新しい接点を生かして、より利便性の高い観光サービスや生活スタイルを提案できるようにする」。記者会見で星野晃司社長はこう意気込みを語った。2020年3月まで実証に取り組み、EMotアプリの2万ダウンロードを目指す。その後の本格サービス化も検討する。

小田急電鉄の星野晃司社長
[画像のクリックで拡大表示]

箱根や川崎で使える電子チケット

 大きく3分野で実証実験に取り組む。1つ目は「観光型MaaS」だ。小田急沿線から箱根に向かう客が、往復の鉄道と箱根エリア内の鉄道やバス、ロープウエーなどが乗り放題になる「箱根フリーパス」をEMotアプリ上のクレジットカード決済で購入できる。運転手や係員に画面を見せるだけで乗り物を使える。

EMotアプリ上で発行した「箱根フリーパス」
[画像のクリックで拡大表示]

 購入後にEMotアプリ上で経路を検索すると、自宅から小田急の最寄り駅までのバス・タクシーなどの交通と、箱根エリア内の目的地までの交通を表示する。タクシー配車アプリの「MOV」「JapanTaxi」と連動してタクシーを呼べるほか、タイムズ24のカーシェアサービスとも連動し、すぐに使えるシェアカーが分かる。

EMotアプリのルート検索画面。特急の予約画面へそのまま遷移する
[画像のクリックで拡大表示]

 2つ目は「郊外型MaaS」だ。対象は川崎市北部の新百合ヶ丘エリアの住民である。新百合ヶ丘駅の駅ビルで2500円以上買い物すると、駅発着の小田急バスに無料で1往復分乗れる「バス無料チケット」をアプリ上で発券する。画面をバス運転手に見せて利用する。

「そば定期券」でMaaSに呼び込む

 3つ目は「飲食サブスクリプション」である。EMotアプリ上でチケットを買うと、新宿駅と新百合ヶ丘駅にあるそば店や喫茶店で1日1回500円相当の食事ができる。

EMotアプリの「飲食サブスクリプション」の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 10日券が3500円で30日券が7800円だ。30日券を毎日使うと購入価格とほぼ同額の7200円お得になる。飲食サブスクリプションはMaaSと直接関係ないが、「多くの人にEMotアプリを使ってもらうための取っ掛かり」(星野社長)とみている。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら