三菱電機は2019年10月8日、自動運転車のコンセプトキャビン(乗員室)「EMIRAI S」を開発したと発表した。MaaS(Mobility as a Service)時代のクルマを想定したもので、安全・安心な移動と、車内外との快適なコミュニケーションの実現を提案した。2020年に実用レベルの技術を確立し、「2022~23年の事業化を目指す」(同社)という。

 安全・安心な移動を支援するシステムは、SAE(米自動車技術会)が定める「レベル3」(操作の責任を運転者が負う)と「レベル4」(操作の責任をシステムが負う)に対応する。運転席側のインストルメントパネル上部に装着した近赤外線カメラを使って、運転者の状態を検知する。SUBARU(スバル)の中型SUV(多目的スポーツ車)「フォレスター」などに採用されている三菱電機の運転者状態監視システム(DMS)を改良した。

 フォレスターなどに採用されているシステムは、近赤外線カメラで運転者の顔の向きなどを検知して、わき見運転や居眠りを警告する。これに対してコンセプトキャビンに搭載したシステムは、近赤外線カメラで運転者の脈拍を計測する(図1)。

図1 近赤外線カメラで運転者の脈拍を計測
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 脈拍に伴う血液量の変動によって、肌の明るさ(輝度)はわずかに変化している。この輝度変化を近赤外線カメラで検知して、運転者の脈拍を計測する。フォレスターなどに搭載されているシステムのフェイストラッキング技術(顔の向きを追尾する技術)を応用することで、安定した脈拍の計測を可能にしたという。

 さらに、助手席側の天井に取り付けた温度センサーによって、運転者の体表温度を計測する(図2)。近赤外線カメラで計測した脈拍と、温度センサーによって得られた体表温度を解析し、運転者の状態を推定する。

図2 天井に取り付けた温度センサー
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 運転者の体調急変をシステムが検知して、運転が継続できないと判断すると、安全を確認した上で路肩などに自動で停止させる。各乗員の状態に応じて空調や照明などの車内環境を最適化するといった使い方もできる(図3)。

図3 脈拍と体表温度で運転者の状態を推定する
(出所:三菱電機)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら