2019年10月1日の消費増税に合わせてJCBやNTTドコモなどが利用額の20%をポイント還元するなど、キャッシュレス分野のシェア獲得戦は激しさを増している。そんななか、意外なプレーヤーが名乗りを上げた。メガバンクのみずほ銀行だ。

利用件数が10倍に

 還元額は最大1万円で、同行にとって過去最高という。諸条件があるものの、スマートフォンを店頭の決済端末にかざしてデビットカードで決済すると、利用額の20%を2020年3月に利用客に振り込んでキャッシュバックする。

みずほ銀行がスマホを使ったデビットカード決済で20%をキャッシュバックするキャンペーンを始めた
[画像のクリックで拡大表示]

 「反響は想定以上」とみずほ銀の西本聡リテールデジタル開発部デジタルチャネルチーム参事役は胸を張る。2019年8月29日に20%還元のキャンペーン「みずほWalletご利用感謝キャッシュバック」を始めてから約1カ月が経過するなか、「利用状況をみると、バーチャルデビットカード『Smart Debit』の決済件数が5~10倍に増えた」(西本参事役)。

 西本参事役は「20%・1万円の還元とは別に、通常のみずほ銀からの0.2%還元、さらに使う店によってはキャッシュレス・消費者還元事業の2%や5%のキャッシュバックも受けられる」と説明し、さらなる参加増を見込む。さらにiPhoneの場合、Smart Debitに加えて交通系ICカードの「Mizuho Suica」を新規発行すると、Mizuho Suicaのチャージ額の20%を最大1000円まで還元するキャンペーンも並行して実施している。

 キャンペーンへの参加はたやすい。みずほ銀の口座と、非接触決済ができるiPhoneやAndroidスマホがあればよい。あとは「みずほWallet」アプリをダウンロードして、iPhoneならばSmart Debitを発行・登録、AndroidスマホならばSmart Debitを発行するか「みずほJCBデビット」を設定・登録し、キャンペーンに登録すればよい。使える場所はiPhoneならば「QUICPay+」と「JCB Contactless」、Androidスマホならば「QUICPay+」で決済できる店舗である。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら