ソニーは、報道などに向けた技術説明会「Sony Technology Day」を開催し、「超える」と題したコーナーで、人間の感覚や能力を超える各種センサーなどについて紹介した。同社 社長兼CEOの吉田憲一郎氏が、同社がこれまでに培ってきたイメージセンサーや伝送の技術を生かせる “場”として期待を見せたのが医療分野だ。その中から新たな取り組みとして、「人をより器用にする」(吉田氏)とする精密バイラテラル制御システム技術を紹介していた。

精密バイラテラル制御システム
左右の2本のアーム(精密操作ロボット)で作業する。奥にあるのはステレオカメラ(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 デモでは、極小の表面実装用(SMD)チップ部品を積み上げる様子などを披露した。いわゆる1608サイズ(実装面積が1.6mm×0.8mm)の部品の上に1005サイズ(同1.0mm×0.5mm)の部品を載せて、さらにその上に現在スマートフォンなどに搭載される最小の部品とされる0402サイズ(同0.4mm×0.2mm)の部品を載せ、さらに順に取り除いてみせた。

精密バイラテラル制御システムのデモ(撮影:日経 xTECH)

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら