トヨタ自動車が、国内で販売する車種の削減を加速する。中型車の「プレミオ」と「アリオン」の販売を近い将来にやめることが日経 xTECHの調べで分かった。2019年9月17日に発売した新型「カローラ」で代替する。国内市場の縮小に備えるとともに、限られた開発資源を競争が激しい分野に振り向ける。

 新型カローラは、大型化して安全装備を充実するのに併せて、販売価格を上げた。車格がプレミオとアリオンに近づく。トヨタは、カローラで2車種を代替できると判断したようだ。「プレミオとアリオンの保有者に、新型カローラを勧めていきたい」(トヨタ副社長の吉田守孝氏)。2車種は2007年以来、全面改良していない。

 先代カローラのセダン「アクシオ」の1.5Lガソリンエンジン搭載「G」グレードが約170万円で、新型の1.8Lガソリン機搭載セダンの「G-X」が約194万円と25万円近く上がった。吉田氏は、大型化や装備の充実を考慮すると価格は「先代と同等水準」と主張する。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
左がプレミオ(出所:トヨタ)。右が新型カローラのセダン(撮影:日経 xTECH)。

 トヨタは2018年に発売したカローラのハッチバック車「スポーツ」の投入に併せて、「オーリス」を廃止していた。カローラの投入に伴い、計3車種をなくす形である。

 トヨタは車種の削減に加えて、プラットフォーム(PF)の集約も進めている。カローラには、「プリウス」や「C-HR」に使うCセグメント用PF「GA-C」を採用し、一本化する。

 これまでカローラは、3種類のPFを海外用と国内用で使い分けていた。海外向けのカローラは、日本の車両区分では「普通自動車(3ナンバー)」に相当する大きめのCセグメント用PFを使う一方で、国内向けには「小型自動車(5ナンバー)」に入るBセグメントのPFを使っていた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら