英ヴァージン(Virgin)傘下で人工衛星打ち上げサービスを手掛ける米ヴァージン・オービット(Virgin Orbit)は、2019年中に人工衛星の打ち上げサービスを開始する計画だ。米ロサンゼルス郊外にある同社工場の現地取材に基づき、その実態に迫る。

 ヴァージン・オービットの打ち上げサービスの特徴は改造したボーイング(Boeing)747-400の機体からロケットを空中発射する点にある。「コズミックガール(Cosmic Girl、宇宙の少女)」と名付けられた改造機体の左翼にロケットの運搬・投下装置を設置する。コズミックガールが高度3万5000フィート(約1万m)までロケット「LauncherOne」を運び、空中で切り離す。5秒後にロケットは自らのエンジンを点火して飛行し、地球周回軌道に到達すれば人工衛星を切り離す仕組みだ。3万5000フィートは通常の旅客機の巡航高度だ。

 同社は7月10日にコズミックガールからロケットを投下するテストに成功した。実験で使用したロケットには燃料を載せていたが点火はさせず、ロサンゼルスの北100kmの砂漠の中にあるエドワーズ空軍基地付近に落下させた。実際の発射・軌道投入試験は2019年秋の予定で、問題がなければ年内に商用化する。

「コズミックガール」からロケット「LauncherOne」を投下した様子
出所:ヴァージン・オービット
[画像のクリックで拡大表示]

 記者がロサンゼルス郊外のロングビーチにある同社工場を訪れたのは2019年8月12日のこと。そこにはLauncherOneの最初の完成品があった。秋の発射・軌道投入実験に使う本物のロケットだ。全長21mでロケットの先端部に衛星などを格納する。

打ち上げサービスがボトルネック

 現在様々な企業が地球表面から高度2000km以下の地球低軌道に大量の人工衛星を打ち上げて、それぞれが連携しながら動く「衛星コンステレーション(星座)」を構築し、地球上のあらゆる場所にブロードバンド接続を提供する計画を進めている。ソフトバンクも出資する英ワンウェブ(OneWeb)や米テスラ(Tesla)のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が率いる米スペースX(Space X)、米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)などだ。各社が2019年から次々と人工衛星を打ち上げ始めている。

 ヴァージン・オービットのモニカ・ジャン・シニアディレクターは「各社が打ち上げようとする衛星の数に比べて、打ち上げサービスが足りない。そこがボトルネックになっている」と語る。そうした事情から現在、民間の商業衛星打ち上げサービスが活況を呈している。ヴァージン・オービットもそうした打ち上げサービス事業者の1つで、「当社の打ち上げサービスも来年度末まで予約が埋まっている」(ジャン・シニアディレクター)という。

ロングビーチの工場で製造する「LauncherOne」
出所:ヴァージン・オービット
[画像のクリックで拡大表示]

 衛星打ち上げサービスの世界最大手は1980年にフランスやドイツなど欧州主要国の政府が共同で設立したフランス・アリアンスペース(Arianespace)だ。同社は大型静止軌道衛星の打ち上げを主力としてきたが、ここに来て小型衛星の打ち上げサービスも始めている。同社は2019年2月27日、ワンウェブが保有する6基の低軌道小型衛星を搭載したロケットをフランス領ギアナのギアナ宇宙センターから打ち上げた。

 スペースXも打ち上げサービスを提供する。2019年5月には同社の低軌道人工衛星60基を搭載したロケット「ファルコン9」を打ち上げた。打ち上げサービス事業者としてはほかにも、3Dプリンターでエンジンの主要部分を製造する小型ロケット打ち上げスタートアップの米ロケットラボ(Rocket Lab)や、米防衛大手ロッキード・マーチン(Lockheed Martin)と米航空機大手ボーイングとの合弁会社である米ユナイテッド・ローンチ・アライアンス(United Launch Alliance)などがしのぎを削る。

 アマゾン・ドット・コムの創業者であるジェフ・ベゾスCEOが設立した宇宙開発ベンチャーの米ブルーオリジン(Blue Origin)も衛星用の打ち上げロケット「ニューグレン」を2021年に打ち上げる計画だ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら