まだ辞めたくない――。そんな思いがにじむ会見だった。

 日産自動車で社長兼CEO(最高経営責任者)を務める西川広人氏が、2019年9月16日付で辞任する。同月9日夜に開いた記者会見で「今が次世代に任せるタイミングと考えた」と述べつつも、「道半ばでのバトンタッチ」や自身の想定よりも「やや早いタイミング」など、言葉に端々に辞任に追い込まれた悔しさが表れた(図1)。

図1 日産自動車で社長兼CEOを務める西川広人氏
2019年9月9日、横浜本社での取締役会メンバーによる会見後、単独で辞任会見を開いた。ネクタイはしておらず淡々と語っていたが、時折無念さをにじませた。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 「辞める意思はずっと持っていた」という西川氏。それでも、CEO職を最長であと数年続ける意向だったようだ。2019年5月の決算発表会では「2年か3年で(日産を)元に戻す」(同氏)と述べ、続投の意欲を示していた。

 事態が急転したのは2019年9月9日の午後に開催された日産の取締役会。西川氏の進退が議論されることになり、「取締役会全員の一致」(同社社外取締役で取締役会議長の木村康氏)で辞任を要求することが決まった。西川氏には、受け入れる以外の選択肢はなかった。

 取締役会は同日午後9時から横浜本社で記者会見を開き、西川氏の辞任を発表(図2)。午後8時の開始だった予定が1時間遅れたことからも、取締役会の議論が熱を帯びた様子がうかがえる。「西川氏はなぜ会見に参加しないのか」――。同席するのが“筋”だと問う記者に対し、議長の木村氏は「この後会見する」と明かした。

図2 不正に関する社内調査結果を報告
西川氏の辞任会見前に、日産の取締役会メンバーが会見した。マイクを握るのが取締役会議長の木村康氏。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 辞任を要求した取締役会メンバーによる会見が終了した後、午後9時45分ごろから西川氏は単独で会見を始めた。冒頭に「全てを整理して次の世代に渡すはずだったが、それがやりきれず、大変申し訳ない」(同氏)語り、無念さをにじませた。

ケリー氏の告発で風向き変わる

 辞任のタイミングが一気に早まったのは、西川氏が株価連動型報酬制度「SAR」の悪用を同年9月5日に認めたからだ。本来より4700万円多い報酬を受け取っていたことが判明した。

 日産の関係者によると、「グレッグ・ケリー氏が告発するまでは、SARは不正の社内調査の対象に入っていなかった」という。日産の元代表取締役のケリー氏が2019年6月に、月刊誌のインタビューで西川氏の不正を主張したのをきっかけに、日産が事実関係を調べることになった。これで風向きが変わった。

 SARの悪用について、西川氏は会見で「ケリー氏に頼んでおり知らなかった」と主張。それでも、日産の取締役会は「社内外の求心力を考えると、このタイミングで辞任するのが適切」(木村氏)と判断し、西川氏に引導を渡した。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら