慶應義塾大学SFC研究所ソーシャル・ファブリケーション・ラボは、同大学藤沢キャンパスで「第1回ファクトリー・サイエンティスト育成講座」を2019年8月下旬に4泊5日の合宿形式で実施した(図1)。「受講者の想定イメージは入社3年目から9年目くらいの、工場のことがかなり分かってきた若い方。実際に想定に近い方々に集まってもらえた」(同大学環境情報学部教授の田中浩也氏)。受講者が職場で持っている課題に近いテーマを設定して、それに応じてセンサーで振動などのデータを取得して表示・分析し、対応策を検討するまでの一連の作業を体験する内容だ*1

*1 平成30年度経済産業省「産学連携デジタルものづくり中核人材育成事業」にて開発したカリキュラムに基づいている。今回の育成講座は、主催が慶應義塾大学SFC研究所ソーシャル・ファブリケーション・ラボ、監修が由紀精密、協賛が由紀ホールディングスとローランド・ベルガーという体制で実施した。経済産業省は講演者としても名を連ねる。
図1 ファクトリーサイエンス育成講座(2019年8月開催)
センサー、マイコンボード、クラウドサービスなどを使ってデータを可視化する実習の様子。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 講座はセンサー、マイコンボード、3Dプリンター、BIツール、クラウドサービスなどを使っての実習を含む。目的はツールの使い方の習得ではなく、作業を通してIoTの役立たせ方を体感すること(図2)。成果について、プロジェクト推進グループの1人であるローランド・ベルガー代表取締役社長の長島 聡氏は「受講者は、ものづくりのコストを下げたり品質を上げたりといった、経営に直結するテーマを設定した上で、センサーでデータを取ってクラウドに上げて分析していた。経営にインパクトがある、と経営者に言えるだけの感触を持てたと思う」と述べた。

図2 育成講座の実習内容
データを可視化する体験を得て、かつ次のアクションにつなげるところまでを一区切りと考えている。(日経 xTECHが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら