楽天と楽天モバイルが2019年9月6日に開いた携帯電話事業に関する発表会は肩透かしに終わった。「最低利用期間なし」「違約金なし」「全機種SIMロックフリー」などの方針を打ち出したが、最後まで正式な料金プランを発表しなかった。

 これでは迎え撃つNTTドコモやKDDI(au)、ソフトバンクも動きようがない。楽天モバイルの新規参入で料金の値下げ競争が再燃すると期待されたが、持ち越しとなった。「2019年10月1日施行の改正電気通信事業法に粛々と対応するだけ」(大手携帯電話事業者)で終わりそうだ。

独自端末紹介も発売時期は「未定」

 楽天モバイルが2019年10月1日に受け付けを始める「無料サポータープログラム」は文字通り無料で提供する。国内通話・データ通信だけでなく、国際通話、国際ローミング(データ通信)、SMS(ショート・メッセージ・サービス)を無制限で使える。

 大盤振る舞いに見えるかもしれないが、対象となるのは東京都23区、大阪市、名古屋市、神戸市に在住の満18歳以上で、当初は5000人に限られる。対象者は順次、数万人に拡大していく予定だが、利用者による「稼働確認」に近い印象だ。

通話もデータ容量も無制限0円に
[画像のクリックで拡大表示]

 端末に関しては、「MNO(携帯電話事業者)レディー」として発売済みのスマホ12機種(+Wi-Fiルーター1機種)に加え、新たにスマホ7機種(+Wi-Fiルーター2機種)を発表した。韓国サムスン電子の「Galaxyシリーズ」の取り扱いを始めたほか、中国オッポ(OPPO)やシャープ、ソニーモバイルコミュニケーションズ、富士通コネクテッドテクノロジーズなどの新機種を取りそろえた。

新たにスマホ7機種(+Wi-Fiルーター2機種)を投入
[画像のクリックで拡大表示]

 楽天の三木谷浩史会長兼社長は同日、「世界最小最薄FeliCaスマホ」「eSIM対応」などをうたった独自端末「Rakuten Mini」を誇らしげに紹介したが、開発中で発売時期は未定という。米アップル(Apple)の「iPhone」についても「ノーコメント」(楽天モバイルの山田善久社長)とした。

独自端末「Rakuten Mini」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら