日本で初めて、自動運転「レベル4」相当の大型トラックが公道を走った。舞台は北海道だ。スウェーデン・ボルボ(Volvo)グループ傘下の商用車大手UDトラックスが車両を開発。日本通運やホクレン農業協同組合連合会と連携して、自動運転の実証実験を行った。

 2019年8月の約1カ月間に渡って実験し、同月29日に車両を報道向けに公開した(図1)。車速はおよそ20km/h。一部公道を含む片道約1.3kmの経路を往復し、砂糖の原料である「てん菜」を積んで運んだ。走行経路には、舗装済みの走りやすい路面の他、砂利道のような未舗装道路を含む。

図1 UDトラックスは自動運転「レベル4」相当の技術を載せた大型トラックを開発した
(出所:UDトラックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 特定の条件下で運転者の関与なしに走れるレベル4相当のため、車両が自動でブレーキを作動させるなどして危険を回避する。ただ、今回は実証実験のため、緊急時に備えて運転者が搭乗した。 最終的には運転者を不要にし、工場などで運用するAGV(無人搬送車)のような使い方を目指す。

 ベースとしたのは、UDトラックスの大型トラック「Quon(クオン)」のダンプ仕様である。同車両に、RTK(Real-time Kinematic)方式のGPS(全地球測位システム)と3次元LIDAR(レーザーレーダー)、ミリ波レーダーを搭載して車両の位置や障害物を把握する。加えて、アクチュエーターをステアリング部分に組み付けることで、自動操舵を実現した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら