ソフトバンクは2019年8月23日、5Gを使って8K映像をライブ配信する実験に成功したと発表した。前日の8月22日にメディア向け説明会で紹介した5Gプレサービスでは一部で課題が残ったものの、パブリックビューイングを想定した8K映像のライブ配信では5Gの威力を発揮していた。

下りで5.6Gビット/秒の速度を実現

 ソフトバンクは2019年8月23日、さいたまスーパーアリーナで開催されたバスケットボール国際試合「ドイツ対チュニジア」(同日午後5時開始)のライブ映像を、同社の「5G×IoT Studio お台場ラボ」まで伝送する様子をメディア向けに公開した。配信はソフトバンク、配信システムはシャープがそれぞれ手掛けた。

「5G×IoT Studio お台場ラボ」で8Kライブ映像を再生している様子
[画像のクリックで拡大表示]

 試合会場に2台の8Kカムコーダーを設置し、これらで撮影したマルチアングルの映像と7.1chの音声を専用線(有線)でお台場ラボのコンテンツサーバーまで伝送。そこからラボ内のシールドルーム(電波暗室)に構築した5Gネットワークを介して8KモニターをつないだPCにストリーミング配信、再生した。

さいたまスーパーアリーナに設置された8Kカムコーダー
(出所:ソフトバンク)
[画像のクリックで拡大表示]

 ストリーミング配信には、ITU(国際電気通信連合)が推奨する「MPEG-DASH」という配信プロトコルを採用。これにより、ストリーミングデータの同期とHTTPを使った配信を実現し、Webブラウザーで再生できるようにした。5Gネットワークは28GHz帯の400MHz幅を使い、暗室内で下り5.6Gビット/秒、上り1.6Gビット/秒の通信速度が出たという。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら