米アマゾン ウェブ サービス(Amazon Web Services)のクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」で2019年8月23日昼ごろに始まったシステム障害の影響により、多くのAWS利用企業でトラブルが発生した。

 AWSは東京リージョンを構成する4つのアベイラビリティーゾーン(独立性の高いデータセンター群、AZ)のうちの1つで、仮想マシンサービスの「Amazon EC2」とリレーショナルデータベース(RDB)サービスの「Amazon RDS」に障害が起こったとしている。EC2については同日午後6時すぎに大部分が復旧したという。

アクセスできないトラブル続出

 日経 xTECHはAWS利用企業に緊急で聞き取り取材をし、数社から回答を得た。東急ハンズは「販促キャンペーン中のEC(電子商取引)サイトが同日昼ごろ一時的にアクセス不能になった」(広報)とする。その後AWSの復旧作業が進むに伴い、サイトのシステムが段階的に回復した。

東急ハンズがTwitterで公表したシステム停止の内容
(出所:東急ハンズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 スマホ決済サービスのPayPayは同日午後1時14分から一部の利用者が支払いやチャージをできなくなるという事態に陥ったという。楽天のフリマアプリ「ラクマ」は同日午後1時ごろから全ての機能が使えなくなるトラブルが生じた。

 ユニクロのECサイトも同日1時ごろから午後4時ごろまでECサイトやスマートフォンアプリでログインや商品購入ができない事態に見舞われた。菩提樹が運営するとんかつ屋「かつ吉 渋谷店」ではランチタイムにレジシステムが一時使えなくなったという。

 そのほか、公式発表などを調べると20種以上のサービスが影響を受けた。被害を受けたサービスはさらに多いとみられる。

AWS障害の影響でトラブルが生じたサービスの例
企業名サービス
アクサ生命保険Webサイトやカスタマーセンター
アソビズムスマホゲーム「城とドラゴン」
ヴァル研究所経路検索アプリ「駅すぱあと」
ジーユーGUオンラインサイト、スマホアプリ
スマートニュースニュースアプリ「SmartNews」
チケットスターチケット販売サイト「楽天チケット」
バンダイナムコオンラインスマホゲーム「アイドリッシュセブン」
チャットワークビジネスチャット「Chatwork」
ドコモ・バイクシェアバイクシェアサービス(地域ごとに名称は異なる)
東洋経済新報社ニュースサイト「週刊東洋経済プラス」
日本郵便配送サービス「クリックポスト」
ネクスウェイメール/FAX配信サービス「NEXLINK」
ピクスタ画像販売サイト「PIXTA」
フィスコ仮想通貨取引所仮想通貨取引所「Zaif」
プレミアム・プラットフォーム・ジャパン動画配信サービス「Paravi」
菩提樹とんかつ店「かつ吉 渋谷店」
ミクシィSNS「mixi」
ユニクロUNIQLOオンラインサイト、スマホアプリ
楽天フリーマーケットアプリ「ラクマ」
ローソン公式アプリなど
freeeクラウド会計ソフト「freee」
GameWithゲーム攻略サイト「GameWith」
HJホールディングス動画配信サービス「hulu」
PayPayスマホ決済サービス「PayPay」
Sansan名刺管理サービス「Sansan」
SmartHRクラウド労務ソフト「SmartHR」

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら