ドイツ・ダイムラー(Daimler)のMercedes-Benzは2019年8月19日、コンパクト車の「Aクラス」と「Bクラス」にプラグインハイブリッド車(PHEV)を設定すると発表した。電池容量が比較的大きく、都市部の利用であればほとんどEVモードで走行できるのが特徴である。

A 250 e(右)とB 250 e(左)
(写真:Daimler)
[画像のクリックで拡大表示]

 「A 250 e」にはハッチバックとセダンがあり、価格はハッチバックが3万6943.55ユーロ(約436万円、1ユーロ=118円換算)から、セダンが3万7300.55ユーロ(約440万円)からで、すでに予約注文が可能。「B 250 e」は3万7663.50ユーロ(約444万円)からで、数週間後に受注を開始するとのこと。いずれも年内に発売する。

 今回の2モデルに採用されたコンパクト車向けプラグインハイブリッドシステム「EQ Power」は、横置きエンジンと、モーターを組み込んだハイブリッドDCT(Dual Clutch Transmission)「8 F-DCT」を組み合わせたもの。8 F-DCTには、低損失の湿式クラッチと電気機械式ローターが組み込まれている。Mercedes-Benz車として初めて別個の12Vスターターを使用せず、8 F-DCTの筐体内に組み込まれたモーターで始動する。

「8 F-DCT」ハイブリッドDCT
(写真:Daimler)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら