テクノロジーを駆使して体や足のサイズを測る「サイズテック」がファッション業界で注目を集めている。日本でも取り組みが進むなか、海外大手が日本に上陸する。

 デンマークの靴ブランド「ECCO(エコー)」を販売するエコー・ジャパンは2019年8月28日、伊勢丹新宿店で3D足型計測機を使うオーダーメードのスニーカーを発売する。足型や歩行データをAI(人工知能)が解析し、最適なミッドソール(中底)を3Dプリンターで60分かけて「印刷」。1人ひとりの足にぴったり合うオリジナルのスニーカーを提案する。

エコー・ジャパンのミッドソールを印刷する3Dプリンター

ミッドソールは60分ほどで印刷される

 「靴の性能の7割を決めるのがミッドソールだ。そこに着目して差異化を図る」。エコー・ジャパンの犬塚景子社長はこう強調する。

 靴底とインソール(中敷き)の間に挟まるミッドソールは足を正しく支えて体重を分散させる役割を持ち、歩行時の履き心地を左右する。エコーはここに注目し、個人個人の足に最適なミッドソールを提供しようと考えたわけだ。

わずか15秒で足型3Dデータ

 足の計測からミッドソールの製造までの流れはこうだ。まず靴を脱いだ状態で3D足型計測機に乗ると、計測機が足の形や特徴を3Dデータで捉える。計測は15秒ほどで完了する。

3D足型計測機で足の形を計測する
[画像のクリックで拡大表示]

 計測機は足の長さや幅、足囲(親指の付け根から小指の付け根までの外周)のほか、土踏まずの高さやかかとの幅などのデータを取得する。測定した人はタブレットで各種データを3D画像とともに確認できる。

足型の計測結果。足の長さや幅、土踏まずの高さなどが分かる
[画像のクリックで拡大表示]

 次に、センサーを内蔵したシューズに履き替えて、ランニングマシンの上を約30秒間歩く。踏み込む力や着地時の衝撃、靴の擦り方といった歩行に関する特徴をデータ化するためだ。

センサー付きのシューズを履いて、ランニングマシン上で30秒間歩いて歩き方の特徴を捉える
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら