中国の華為技術(ファーウェイ)は2019年8月9日、独自OS「鴻蒙OS(Harmony OS)」を発表した。スマートフォンやタブレット端末に限らず、さまざまな機器を対象とする。スマホやタブレット端末向けは2020年の商用化を目指す。同社は現在、スマホやタブレット端末に米グーグル(Google)の「Android」を採用しているが、鴻蒙OSに切り替えられる体制を整える。

鴻蒙OS(Harmony OS)を発表した瞬間、会場から歓声が上がった(ファーウェイによる中継動画をキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 中国東莞市松山湖にある同社の研究開発拠点で開催した開発者向けイベント「Huawei Developer Conference 2019」で明らかにした。コンシューマー事業グループ最高経営責任者(CEO)の余承東氏は、鴻蒙OSの特徴として、(1)スマホやタブレット端末、パソコン、ウエアラブル機器、自動車などさまざまな機器に使えること、(2)LinuxやLinuxベースのAndroidとの互換性を持つこと、(3)時間確定的処理が可能なエンジンを搭載していること、(4)Androidに比べてセキュリティーに優れること、(5)オープンソースソフトウエア(OSS)であること、などを挙げた。

鴻蒙OSについて説明する余承東氏(ファーウェイによる中継動画をキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 ファーウェイは、2019年5月に米商務省の禁輸対象リスト(エンティティーリスト)に追加されたことで、Androidの今後の使用が危ぶまれており、独自OSへの切り替えを示唆していた。グーグルは既存のファーウェイ製品について2019年8月19日まではサポートを継続することを表明したが、その後は不透明である。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら