アルプスアルパインは、水深10mまでの水圧と標高9000mまでの気圧を測定できる半導体式センサーを開発した。水深や標高を測る機能を備えたウエアラブル機器や、ガスメーターなどの流量計への搭載を見込む。2019年8月から、同社の長岡工場(新潟県)において月産10万個で量産する。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら